京都・祇園の和食店「祇園 京料理 花咲 祇園店」

舞妓さん芸妓さん

祇園祭期間の特別な髪型「勝山髷」

S__11436190

 

大きい舞妓さんは祇園祭の時期限定で「勝山髷」という髪型になります。

撫子の花をあしらったキラキラ美しい銀色の飾り「梵天」と「玉かんざし」。
撫子は、舞妓さんの年数によって色が変わります。

玉かんざしは通年つけますが、冬は紅珊瑚、夏は翡翠と使い分けて季節感を演出します。

 

S__11436189

 

手前右側にはお祭りの簪も見えますね。

祇園祭の鉾が建ち始める7月10日頃から、花傘巡行が行われる7月24日頃までの限定の髪型、ぜひ見にいらしてくださいね。

花咲・祇園店での舞妓さん関連のページはこちらになります。
みなさまのお越しをお待ちしております。

芸・舞妓さんの始業式

1月7日は祇園甲部の芸・舞妓さんの始業式でした。

正装の黒紋付を着てかんざしと本物の稲穂を挿した芸・舞妓さんや、お茶屋さん置屋さんのおかあさん等が一同に八坂女紅場(今年は歌舞練場内の八坂ホール)に揃います。“芸妓・舞妓さんの誓い“の読み上げや、売上の優秀な芸・舞妓さんや、お茶屋さんの表彰などが行われます。

IMG_20170113_13210720170113130619

芸・舞妓さんの晴れ姿を、収めようと朝早くからカメラマンさん達が待ち構えておられ、祇園の町は大にぎわいでした。

花咲の路地にもなぜだか、カメラマンがいっぱい(・∀・)

開店準備中の私達まで、写真を撮って下さるもので・・・

私もパシャリと一枚いただきました(笑)

P_20170107_115429

今日はお寒い中、お疲れ様でした。

 

12月 舞妓さんのかんざし

P_20161201_180406_1

今日は、千賀すずさんが来てくれはりました。

握りこぶしほどしかない小さなお顔、ながーい手足のすらっとしたべっぴんさんの舞妓さんです。

12月のかんざしは、“まねき“と“餅花“です。

まねきとは、毎年12月に南座で行われる歌舞伎の“顔見世“にあがる役者さんの名前の書かれた看板のことです。餅花ベースのかんざしに小さなまねきがついておりまして、ご贔屓の歌舞伎役者さんにサインをしてもらわはります。黒文字は男役さん、赤文字は女形さんのサインだそうです。

 

 

MATSUぼっち『舞妓さんと楽しむ大人の世界』で紹介されました

フジテレビ 毎週木曜日24:25~24:55で放送の11月11日放送『舞妓さんと楽しむ大人の世界』で紹介していただきました。

皆様もまつさんの体験された『舞妓さんと楽しむ大人の世界』を体験してみませんか?

撮影は始終和やかに進み、まつさんの素晴らしいお人柄に触れ当店のスタッフ一同すっかりまつさんの大ファンになってしまいました^^

関係者の皆様ありがとうございました。

フジテレビ MATSUぼっちさん公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/matsubocchi/

祗園花咲 舞妓さんの料金等
http://www.gion-hanasaki.com/maiko.html

フジテレビ MATSUぼっちの11月11日放送『舞妓さんと楽しむ大人の世界』全編